地域

京都マルイの閉店後はどうなる?跡地の再開発は進んでる?

こんにちは、Tomoです(^^)

今日も「Tomo’s Walking Discovery」にお越しいただき、誠にありがとうございます(^^)

京都の四条河原町、阪急電鉄京都線河原町駅の真上ある商業施設、

京都には、マルイのほかに、大丸、伊勢丹、高島屋や、つねよし百貨店(これはちょっと違うね(笑))といった百貨店がありますが、

京都マルイといえば、「31Sons de mode」が入ったり、若者向けファッションに強い百貨店というイメージで、駅の真上でいい場所にあるので、待ち合わせ場所としても親しまれてきました(^^)

ここは、9年前は阪急だったのですが、それから10年も経たないうちに、今度はマルイが閉店、次はどうなってしまうのでしょうか?

京都マルイ閉店の背景は?

京都マルイの閉店後はどうなる?跡地の再開発は進んでる?
引用元:京都マルイ

 

マルイを運営する丸井グループは、2020年5月に京都マルイを閉店すると発表しました。

ただし、7階と8階にあるレストランは閉店後も営業を続けるとのことです。

 
ちまたでは、半年くらい前から、京都マルイの閉店のうわさがささやかれていました。

 
閉店の理由について、丸井グループは「ビルを所有する住友不動産との10年間の契約満了」としていますが、

実際のところは、「当初の想定より売り上げの伸び率が低く、住友不動産との契約満了のタイミングで撤退を決めた」ということです。

京都マルイのビルを所有している「住友不動産」とは、更新に向けて協議を続けてきたが、合意できなかったようです。

 
京都マルイは、2010年に閉店した阪急百貨店の「四条河原町阪急」の後継テナントで、京都繁華街のど真ん中である四条河原町駅の真上にあり、最高の立地。

2011年4月27日に京都エリア初のマルイ店舗として開業しました。

きっと丸井グループは、阪急とは違うカラーを打ち出すことで、成功をもくろみんだと思いますが、

ここ最近は、周辺にある、京都高島屋や新しく入る商業施設との競争の激化で、京都マルイは売り上げが伸び悩んでいたということです。

僕が思うに、京都マルイは、四条河原町駅は、地上で繁華街を歩いている分にはいいのですが、

通勤者がよく通る地下からいくには、ちょっと分かりづらい場所にあるのが難点。

そして、四条河原町駅の西側には、高島屋と大丸という大きな百貨店が2つもあるので、お客さんはそちらに足を運んでしまうというところが、

「高島屋」と「大丸」に後れをとった原因なのではないかと思います。

 
きっと、2010年に閉店した阪急も、同じ原因で閉店に追い込まれていったのではないでしょうかね…

 

そして、ここ最近は、ガラリと商業形態が変わってきました。

というのも、いわゆる「カテゴリーキラー」と呼ばれる小売店が登場し始めたことによって、そごうのような百貨店は衰退してきました。

紳士服だと「洋服の青山」や「Aoki」、軽衣服なら「ユニクロ」や「しまむら」といったこれらのお店は、単に価格の安いだけでなく「この品質でこの価格ならいいか」といった適度な価格と品質のバランスで勝負するカテゴリーキラーが一般人のニーズに合ってきたためだと思いますね。

また、電器店でいうと、「ヤマダ電機」や「ビックカメラ」「ヨドバシカメラ」、スポーツ用品は「スポーツオーソリティ」や「スーパースポーツ」などいった小売店の登場で、これらの商品は百貨店では太刀打ちできない形となりました。

 

ただし、百貨店でしか手に入れられないような、高級食材や高級ブラント商品などがありますので、百貨店の価値もあります。

これからの時代、百貨店は大都市でしか営業できないとは思っていましたが、

京都のように百貨店が何店舗もあると、いくら大都市でも、さすがに厳しかったということなんですね…

京都マルイは閉店後どうなるの?

さて、2020年5月に閉店する京都マルイは、閉店後、一体どのようになるのでしょうか?

住友不動産はマルイの撤退後、別のテナントを入れる方向で検討していますが、まだ具体的なテナントは未定とのことです。

 
先程、話した通り、「高島屋」と「大丸」という大きな百貨店が2つもあること、百貨店は今衰退の流れを辿っていることから、

もう百貨店は間違いなく入らないと思います。

ですが、最高の立地がまた新しく使えるので、京都にとっては大きなチャンスでもありますよね!

住友不動産には、京都市などの行政や市民の意見を反映して、ぜひ立派な京都の街づくりに貢献していただきたいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

京都からマルイがなくなるのは寂しいですが、それが時代の流れ。

京都マルイは、「世界の京都」でも最高の立地にあるので、次に何が出来るかによっては、新しいスタイルの京都が生まれるかもしれません。

 
期待して、次のニュースを待つことにしましょう(^^)

 
それでは、最後まで読んでいただき、まことにありがとうございました!